TOPICS

2019.05.21

2019.05.21   腰痛でつくばの整体院をお探しの方【腰痛の分類】

腰痛でつくばの整体院をお探しの方は、つくばねはりきゅう整体院へご相談ください。

_

今回は『腰痛の分類』をテーマにお話をしていきます。  

_

腰痛は病名ではなく、症状のひとつです。腰痛の原因はさまざまありますが、大きく分けて5つに分類されます。  

脊椎性神経性(脊椎内の原因)内臓性血管性因性(脊椎以外の原因) この5つです。__

_

①脊椎性腰痛

脊椎性腰痛は脊柱やその関連組織(椎間板、靭帯、関節、骨盤)に由来する痛みと定義されています。

痛みは運動により悪化し、安静にすることである程度軽減すると言われています。

例)椎間板ヘルニア(変性)、分離症、すべり症、筋膜性疼痛、捻挫、仙腸関節痛、骨粗鬆症、骨折、腫瘍など

_

②神経性腰痛

腰の神経の緊張、刺激、圧迫により、腰部だけではなく、片足または両足へ関連痛を起こすことがあります。

この神経機能の妨害が最も一般的な原因となります。

椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症など、神経の通り道の中で、神経の緊張、刺激、圧迫することで起こります。

_

③内臓性腰痛

腎臓や骨盤内臓器の障害、小腸の病変、後腹膜腫瘍から起こります。

腎・尿管結石・腎臓膀胱、子宮などの婦人科系、胃腸などの内臓の病気から症状の一つとして腰痛が発症するときもあります。

内臓からくる腰痛は、動いても悪化しないし、安静にしていても軽減しないという特徴があります。何かをしても痛みに変化はないということですね。

_

④血管性腰痛

動脈瘤や末梢血管性疾患では腰痛と坐骨神経痛と似たような症状が起こります。

腹部の動脈瘤は活動に関係のない慢性腰痛として現れるし、下肢の動脈不全では、歩行により悪化し静かに立っていると軽減する症状が現れます。

_

⑤心因性腰痛

環境や仕事、人間関係などのストレスにより、腰痛が起こることも少なくありません。

いろいろ検査をしたけど、原因が分からない場合は心因性腰痛の可能性も否定できませんね。しかし、っかりと検査をし、上記の①~④の可能性を除外できないことには心因性腰痛と簡単に決められないとも思います。骨や筋肉、関節に問題がなくても、内臓疾患や腫瘍などの重篤な病気の可能性もあるからです。

_

_

以上5つをまとめました。

大きく分類して5つなので、そこからさらに細かく分類されていきます。腰痛の原因はたくさんあることが分かります。

_

当院では、問診検査をして腰痛の原因をみつけ、施術方針を決めていきます。

鍼灸・電気療法、手技(カイロプラクティック、オステオパシー)、筋膜リリースなどを組み合わせて、その人の症状、生活習慣に合った施術を行い、治癒をサポートいたします。

_

腰痛でお困りの方は是非当院に一度ご相談ください。

_

つくばで鍼灸・整体をお探しなら、つくばねはりきゅう整体院へ

つくばねはりきゅう整体院 鈴木

茨城県つくば市二の宮1-10-1-102

℡029-846-1804

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム