TOPICS

スポーツ障害・外傷

2019.08.18

2019.08.18   捻挫の治療例

 こんにちは!つくばねはりきゅう整体院の鈴木です!

_

今回は『捻挫』の治療例をご紹介したいと思います!

_

私がチームサポートしている、大学バスケの選手が昨日捻挫をしてしまいましたので、その治療をご紹介いたします。

※写真を撮っていなかったので、写真はありません。

_

捻挫の程度としては、中度の捻挫と見ております。

腫れもあり、内出血はでていないですが、数日後に出てくる可能性が高いです。

歩行もできず、もちろん足首を動かすのも痛みが強くでます。

_

さて、その場合の治療ですが、まずは、炎症を広げない、最小限に抑えつつ、腫れを引かせることを目的に治療を行います。

腫れを引かせることで、痛みの減少、関節が硬くなるのを防ぎます。

_

①鍼治療

鍼を炎症、腫れている部分にほんのわずかに刺鍼していきます。同時に微弱電流という電気、干渉波という電気も流します。組織の回復、腫れの減少を目的にしています。

_

②手技

腫れがあると、足の甲や指先まで腫れが及ぶことも珍しくありません。

その腫れを取り除くのに、手技を使います

足首が使えないため、ふくらはぎの筋肉が使えず、血行も悪くなります。そのため、腫れが改善しにくくなります。

手技で血行を促すように、さする程度の皮膚への刺激を続けることで、リンパの流れを促し腫れの軽減に繋がります。

_

③ハイボルト療法

ハイボルテージ治療器を痛みの強い部分に使います。鎮痛作用、腫れの軽減を目的に行います。

_

治療はこの①~③をアイシングを混ぜながら、繰り返し行いました。

その結果、治療を行う前は足も着けなかった程の痛みが、引きずりながらではありますが、少し歩くことができるようになりました。

※しかし、まだ炎症はありますので、無理はできません。

_

この現場では、超音波治療器がなかった為、使用できませんでしたが、超音波を使うともっと腫れの減少が期待できたかもしれません。

_

捻挫初期の対処によって回復の度合いは変わってくると思います。

痛みが強く、腫れや内出血がある場合は、まずはアイシングをすることをオススメします。

_

_

当院の捻挫治療の例の一部ご紹介でした♪

_

その他、お身体の不調・痛みでお困りの方も当院までお問い合わせください。

_

当院のご予約は『お電話』、または『お問い合わせ』からできます。お気軽にご連絡ください!

_

鍼灸・整体・スポーツ整体なら、つくばねはりきゅう整体院へ

つくばねはりきゅう整体院 鈴木

茨城県つくば市二の宮1-10-1-102

2019.08.13

2019.08.13   地元青森代表の甲子園!

 こんにちは!つくばねはりきゅう整体院の鈴木です!

_

甲子園が6日から始まりましたね。

昨日の甲子園の試合は一人で盛り上がってしまいました。

_

地元青森の高校、『八戸学院光星』が接戦の末、智弁学園(奈良)に勝利しました!

そうなんです、私出身が青森県八戸市なんです!

しかも、光星高校は実家の近くの高校でよく前を通っていました!

_

一時は6点差を逆転されましたが、光星チームは諦めていませんでしたね!

9回にツーアウトから逆転しましたね!

一人で盛り上がってしまいました笑

_

次の相手は海星高校!15日(木)第4試合!

楽しみです♪がんばれ光星!

_

_

ということで、甲子園の話の流れから・・・

_

野球で多いのが、肩の痛み肘の痛み腰痛があげられます。

肩甲骨の動きや、肩のインナーマッスルの働き、関節の可動域、柔軟性などに問題があると痛みが生じやすくなってしまいます。

投球フォームによっても痛みがでやすくなってしまいますので、お困りの方は当院までお問い合わせください。

_

その他、お身体の不調・痛みでお困りの方も当院までお問い合わせください。

_

当院のご予約は『お電話』、または『お問い合わせ』からできます。お気軽にご連絡ください!

_

鍼灸・整体・スポーツ整体なら、つくばねはりきゅう整体院へ

つくばねはりきゅう整体院 鈴木

茨城県つくば市二の宮1-10-1-102

2019.07.16

2019.07.16   足首捻挫のリハビリの重要性

 こんにちは!つくばねはりきゅう整体院の鈴木です!

_

今回は、『足首捻挫のリハビリ』についてお話をしていきます!

_

スポーツをやっている方でも日常生活でも足首の捻挫は起こりやすいです。

ジャンプの着地、動作の切り返しの他、階段や段差で捻る、など受傷原因はさまざまです。

_

一度は捻挫の治療を受けたことがある人も多いのではないでしょうか?

_

さて、この捻挫ですが、安静にして痛みがなくなったら「完治」したと思っていませんか?

_

実は、痛みが無くなったからといって完全に治ってはいないんです。

_

捻挫をすると靭帯に少なからず傷がついてしまいます。靭帯損傷とも呼ばれます。

この靭帯は、骨と骨を繋ぎ、関節の安定性にも深く関わっており、位置感覚を脳に伝えている働きもあります(バランス感覚含む)

_

この靭帯が傷つくと、関節は不安定になってしまい、関節や重心の位置が把握しにくくなってしまいます。

_

痛みがとれた状態だけでは、炎症が落ち着いただけで、この靭帯の働きが弱まっている可能性が高いのです。

_

しっかり靭帯・関節のリハビリを行い、もとの働きができるようにしなければ、他の部位のケガを引き起こしてしまうこともあります。

_

痛みがとれただけで安心は禁物です!

しっかりリハビリを行い、もとの体の状態を作っていくことが大切ですよ。

_

ケガやリハビリのご相談がありましたらつくばねはりきゅう整体院までお問い合わせください。

_

_

当院のご予約は『お電話』、または『お問い合わせ』からできます。お気軽にご連絡ください!

_

鍼灸・整体・スポーツ整体なら、つくばねはりきゅう整体院へ

つくばねはりきゅう整体院 鈴木

茨城県つくば市二の宮1-10-1-102

2019.06.19

2019.06.19   膝の捻挫について

 こんにちは!つくばねはりきゅう整体院の鈴木です!

_

今回は『膝の捻挫』についてお話していきます!

_

スポーツのケガでも多い膝の怪我ですが、病院で診察を受けると、『捻挫』として診断さるケースが多々見られます。

しかし、捻挫と言っても、足首の捻挫とは違い、膝の捻挫は重症なケースが多く見られます。

_

1.内側側副靭帯損傷

2.外側側副靭帯損傷

3.前十字靭帯損傷

4.後十字靭帯損傷

_

この4つの靭帯のどれかが損傷されている可能性が高いです。

1つだけとは限らず、2つの場合もあります。

_

そして、捻って損傷した場合、靭帯だけではなく、半月板というクッション(関節の間にある)にも傷が入る場合があります。

_

病院で『捻挫』と診断され、安静にしている方を見かけますが、

この場合、どこが損傷しているのか損傷の具合はどのくらいなのかを見極めることが大切になります。

_

それぞれの靭帯の役割が違うため、治療する箇所、動きの制限にも違いがでてきます。

前十字靭帯損傷の場合は手術が必要になる可能性が高くなるため、手術までのリハビリや、

手術にならなくても、日常生活に支障がなくなるようにリハビリが必要になります。

_

安静にしているだけでは、傷の損傷は回復しても、膝の機能が不安定なままなので、再受傷しやすくなるため不十分です。

どこが損傷しているのかを理解し、しっかりトレーニング・リハビリを行い、膝の機能を回復させることが大切です。

_

当院では、ケガの治療からリハビリトレーニングまでしっかりサポートさせていただいております。

自宅でのケア方法、トレーニングなどもアドバイスいたします。

_

スポーツでのケガ・膝の痛み・早く治したい方など、お困りの方はつくばねはりきゅう整体院までお問い合わせください。

_

スポーツ整体・スポーツ鍼灸・骨盤整体など、スポーツから身体の歪みまで当院にお任せ!

_

ご予約は『お電話』、または『お問い合わせ』からできます。お気軽にご連絡ください!

_

鍼灸・整体・スポーツ整体なら、つくばねはりきゅう整体院へ

つくばねはりきゅう整体院 鈴木

茨城県つくば市二の宮1-10-1-102

℡029-846-1804

2019.06.11

2019.06.11   スポーツでのケガの応急処置

 こんにちは!つくばねはりきゅう整体院の鈴木です!

_

今回は『ケガの応急処置』についてお話していきます!

_

スポーツで多いケガは、捻挫や肉離れ、打撲などがあげられます。

これらのケガは部活動でもよく見られるケガですね。

試合が近いのに、捻挫して試合にでられなかった・・・ こういう経験をしている方もいるのではないでしょうか。

_

しかし、受傷直後に正しい処置を行うことで、ケガの治りは格段に早くなります!

逆に、なにも処置を行わないと、炎症も長引き、受傷部分の機能の低下も起こり、痛みが続き、他の部位へどんどん負担がかかるとういう悪循環に陥ってしまいます。

_

では、その正しい処置とはなんでしょうか。

_

_

RICE処置

RICE処置(ライス処置)という言葉を聞いたことはあるでしょうか?

この処置がケガをしたときに最も大切になります。

_

R…rest(安静) 患部を安静にし、損傷部位の悪化を防ぐ。固定具やテーピングなどで患部を固定します。

I…ice(冷却)  氷嚢で患部を冷やします。炎症・腫脹の悪化を防ぐことが目的。

C…compression(圧迫)  患部を圧迫し、内出血や腫脹を防ぐことが目的。

E…elvation(挙上)  患部を心臓より高く上げることで、腫脹の軽減を図る。

_

この処置を受傷直後から行うことが大切です。

あくまでも応急処置ですので、その後、専門機関に受診することをオススメします。(当院でも対応できます)

_

中学生・高校生は総体のシーズンですので、ケガなく練習をがんばってくださいね!

ケガをしてもまずはRICE処置です!

_

_

当院では、RICE処置のほかに、鍼灸治療や超音波治療、ハイボルテージ治療・整体を組み合わせた治療をしますので、早期の回復が可能です!

捻挫・肉離れ・シンスプリントなどのスポーツ障害・外傷で、お困りの方は是非当院へお問い合わせください!

_

_

ご予約は『お電話』、または『お問い合わせ』からできます。お気軽にご連絡ください!

_

鍼灸・整体・スポーツ整体なら、つくばねはりきゅう整体院へ

つくばねはりきゅう整体院 鈴木

茨城県つくば市二の宮1-10-1-102

℡029-846-1804

2019.05.23

2019.05.23   スポーツ障害・外傷 肉離れ編

 こんにちは!つくばねはりきゅう整体院の鈴木です!

_

今回は『肉離れ』についてお話していきます!

_

肉離れとは、ダッシュやジャンプ、深い踏み込みなどで、筋肉が引き伸ばされると同時に収縮するときに起こる筋肉・筋膜の断裂です。収縮する筋肉が引っ張られる筋力に負けることで肉離れは起きてしまいます。

部分的に断裂したり、筋膜部分の損傷が多いですが、まれに筋肉が完全に断裂することもあります。

_

好発部位は、ふくらはぎ(腓腹筋)や太ももの前(大腿四頭筋)、太ももの後ろ(ハムストリングス)の下肢が多いですね。

_

スポーツ現場で仕事をしていると肉離れはよくありましたね。

_

この肉離れ、損傷程度で3つのグレードに分けられます。

_

GradeⅠ.軽度の損傷

→筋膜部分の損傷や筋肉の微細な損傷

GradeⅡ.中度の損傷

→筋肉の部分損傷

GradeⅢ.重度の損傷

→筋肉の完全断裂

_

グレードⅠ損傷の場合、復帰まで1~2週間程度で、グレードⅡ損傷の場合、6週間程度、グレードⅢ損傷では数ヶ月要する場合があります。

_

肉離れも最初の処置がとても大切で、アイシングと患部の圧迫をすることをオススメします。

初期の段階で、鍼灸+微弱電流+超音波を行えるとさらに回復は早くなります。

_

しかし治療で、痛みが消失したからといって、すぐに競技に復帰できるとは限りません。

肉離れで、筋肉を損傷してしまうと、筋力・柔軟性も低下してしまうので、その状態で100%の動きをしてしまうと、筋肉が負荷に耐えられなくなり、また再受傷してしまいます。

その為、リハビリトレーニングも治療と平行して行う必要がありますね。

_

当院では早期回復に向けての治療リハビリトレーニングも行っておりますので、肉離れ捻挫シンスプリントなどのスポーツ障害・外傷でお困りの方は是非ご相談ください。

_

捻挫・肉離れ・シンスプリント・打撲・腰痛、スポーツ整体をお探しなら、つくばねはりきゅう整体院へ

つくばねはりきゅう整体院 鈴木

茨城県つくば市二の宮1-10-1-102

℡029-846-1804

2019.05.22

2019.05.22   スポーツ障害・外傷 捻挫編

こんにちは!つくばねはりきゅう整体院の鈴木です!

_

今回は『足首の捻挫』についてお話していきたいと思います!

_

足首は外側よりも内側のほうに可動が多きい関節になります。その為、内側に捻る内反捻挫が多く起こります。足首を内側に捻ることで、外側の靭帯(前距疲腓靭帯、踵腓靭帯、後距腓靭帯)を損傷してしまいます。

_

ジャンプの着地、切り返し動作、滑ったり、他の人の足を踏んでしまって、足首が強制的に内側を向き、受傷してしまうケースが多いですね。

_

【捻挫のグレード】

GradeⅠ.前距腓靭帯の部分損傷(軽度)

→靭帯をわずかに損傷し、腫れや痛みはそこまで強くありません。

GradeⅡ.前距腓靭帯の完全損傷(中度)

→靭帯を完全に損傷し、内出血や腫れを伴います。歩行も厳しい状態です。

GradeⅢ.前距腓、踵腓靭帯の完全損傷(重度)

→2つの靭帯を損傷し、内出血はかかとやアキレス腱側、くるぶしの上のほうまで出現してきます。

_

捻挫は3つのグレードに分類されます。

_

いずれにしても、最初の処置はRICE処置をオススメします!

初期の処置を素早く行うことで、回復が早くなります。

捻挫の初期にも治療は行いますよ。

アイシングも混ぜながら、鍼灸や超音波、電気治療をし腫れや内出血を引かせて、炎症も抑えていきます。

スポーツ障害、ケガにも鍼灸は効果的です!

_

捻挫の治療は痛みがなくなったら終わりではなく、そのあとのリハビリも大切です。

靭帯を損傷してしまうと、必ず、足首が不安定になりバランスを保ちにくくなります。それに加えて、まわりの筋肉の働きや関節の動きも悪くなってしまうので、運動中にまた痛みが生じてきたり、再捻挫してしまいます。

これを防ぐ為に、リハビリを行い、足首の安定性、バランスの向上、筋肉の強化、関節の柔軟性を上げていく必要があります。捻挫の予防にもつながりますよ。

_

当院では鍼灸、電気療法などの治療だけでは終わらせず、リハビリトレーニングまでサポートすることができます!

テーピングもできますので、仕事やスポーツの練習・試合の前でお困りの方は是非ご相談ください。

_

つくば市でスポーツ障害・外傷などのケガは、つくばねはりきゅう整体院へ

つくばねはりきゅう整体院 鈴木

茨城県つくば市二の宮1-10-1-102

℡029-846-1804