TOPICS

2019.07.18

2019.07.18   気圧と体調の関係

 こんにちは!つくばねはりきゅう整体院の鈴木です!

_

今日も不安定な天気で雨が降ったり止んだりでしたね。

今回は『気圧と体調の関係』についてお話していきます!

_

雨が降る前に、頭痛が起きたり、古傷が痛んだり、耳鳴りが起きたり・・・何かしら体調に変化が起きる方がいます。

このような、天気・気圧が原因の体調不良は『気象病』と呼ばれます。

_

急激な気圧の変化が原因で体にストレスがかかり、自律神経に影響を与え、交感神経と副交感神経のバランスが乱れてしまい、さまざまな体調不良の原因になってしまうのです。

耳の中にある「内耳」というところで、気圧の変化の情報を脳に伝え、自律神経を活性化させます。

敏感な人の場合、過剰に反応してしまい、自律神経が過剰に活性化してしまうのですね。

_

一説によると、乗り物酔いしやすい方が気象病になりやすいのではないかと言われています。

_

予防のためには、自律神経を整えるための生活が大切です!

①生活リズムを整える(睡眠・起床時刻を同じにする)

②適度に体を動かす

③39度~41度くらいの湯船で15分ほど入浴する

_

など、簡単に実践できるものもありますよ♪

_

お困りの方は実践してみてくださいね^^

_

当院では、自律神経の乱れに対して、鍼灸治療やあたまの整体施術でバランスを整えていきます。

骨盤や胸椎の動きも自律神経の働きのためには非常に重要なので、しっかり全身をみていきます。

_

自律神経の乱れでお困りの方は、つくばねはりきゅう整体院までお問い合わせくださいね。

_

当院のご予約は『お電話』、または『お問い合わせ』からできます。お気軽にご連絡ください!

_

鍼灸・整体・スポーツ整体なら、つくばねはりきゅう整体院へ

つくばねはりきゅう整体院 鈴木

茨城県つくば市二の宮1-10-1-102

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム