TOPICS

2019.06.15

2019.06.15   つくばや土浦で腰痛でお悩みの方【立っていると腰が痛い】

つくばや土浦で腰痛でお悩みの方。

立ち仕事や歩行時に腰痛でお困りの方はつくばねはりきゅう整体院にお任せください。

_

今回は『立っていると腰が痛くなるのはなぜ?』というテーマでお話していきます。

_

長時間立ちっぱなしでいると腰が痛くなる経験はありますか?

腰痛持ちの方で立ち仕事は辛いかもしれませんね。

_

ではなぜ長時間立ちっぱなしでいると腰が痛くなるのでしょうか。

_

それは、腰の骨(腰椎)と筋肉が関係しています。

_

立ち姿勢で痛くなる原因として考えられるのは以下の3つです。

①腰椎の関節が炎症を起こしている

②神経の通り道(脊柱管や椎間孔)が狭くなっている

③筋肉が過緊張を起こしている

_

3つに共通しているのは『腰が反ることで起こりやすい』ということです。

そして、背骨の骨と骨の間にあるクッションである『椎間板の機能が低下しても起こりやすい』とういことです。

※椎間板について詳しくはこちらをごらんください/blog/2019/06/13732/

_

不良姿勢(お腹が前にでてしまっている、重心が前にいき過ぎている)や足・お尻の柔軟性の低下体幹部の筋力低下が原因で、腰が反りやすくなります。

そして、椎間板へ負担がかかり過ぎてしまうと、椎間板の機能が低下してしまい、腰椎が不安定になり骨と骨の隙間も狭くなります

すると、安定させる為に筋肉が働きすぎて過緊張を起こし、隙間が狭くなることで神経の通り道も狭くなり、痛みやシビレの原因につながります。

※脊柱管や椎間孔(神経の通り道)は生まれつき狭い方、加齢により狭くなる方がいます。

_

このように、立ち姿勢で腰痛が起こる原因はひとつとは限りません。

椎間板、神経の通り道、関節、筋肉、姿勢、どれが一番影響しているのかを問診と検査で見極めるのが大切です。

_

_

当院では、鍼灸治療や整体(カイロプラクティック・オステオパシー)、電気療法を用い、筋肉をほぐし、骨盤や背骨のゆがみを整え、椎間板や関節にかかる負担を軽減させます。そして、腰痛治療に特化した専用ベッドで腰を牽引して脊柱管の隙間を広げることで神経への負担も軽減させます。

_

長患いしている腰痛、立ち仕事で腰痛持ちの方など、腰痛でお困りの方はつくばねはりきゅう整体院までお問い合わせください。

_

_

ご予約は『お電話』、または『お問い合わせ』からできます。お気軽にご連絡ください!

_

鍼灸・整体・スポーツ整体なら、つくばねはりきゅう整体院へ

つくばねはりきゅう整体院 鈴木

茨城県つくば市二の宮1-10-1-102

℡029-846-1804

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム